「ビジレン」の紹介

ビジネスマンビジレン」は、ビジネス理論を生かして、出会い系サイトを攻略していくための戦略を研究したビジネスマンのみなさまのためのブログです。

「ビジレン」のテクニックを学ぶことで、みなさまは、出会い系サイトでケタ違いの成功を収めるだけでなく、ビジネスマンとしての能力を高めることができます。そして、そのことでまた女性からモテるようになるという幸福の連鎖の中に身をおくことができるようになるでしょう。

とは言いつつも、わたしがここで、いくら当ブログのすばらしさを説いたところで、実際に読み、実践してみなければ、なにも起こりません。しかし、実践してみたらまさに「冷暖自知(他人から言われなくても、自分のことは自分で分かること。水が冷たいか温かいかは、飲めばおのずと分かる意から)」。次々と、出会いを成功させ続けることができるのです。

なお、出会い系サイトのご利用にさいしましては、ハッピーメールやワクワクメールなどの大手出会い系サイトだけを利用することを強くおすすめします。

完全無料などという甘い言葉にだまされて、サクラとのメールのやりとりを続けるような不毛な戦いは避けるようにしてください。

 ハッピーメール

 ワクワクメール

メラビアンの法則から見えた出会い系攻略のコツ

ビジネスライクな女性への扱いは、出会い系サイトだと厳禁。

特に、段階的なやり取りのない出会い方の場合、事務的な行動は女性にとって冷めるポイントとも言えるでしょう。

ですが、ビジネスシーンに使える「メラビアンの法則」はぜひとも覚えておきたいのです!

最近良い結果が出せない男性は、この法則を活用したアクションがおすすめですよ!

メラビアンの法則とは?

メラビアンの法則は、1971年にアメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した法則です。

それは、人が初対面で会った時に感じる「印象」はどの要素をもって決まるのか? という内容です。

  • 7%の言語情報
  • 38%の聴覚情報
  • 55%の視覚情報

簡単に言うと、話の内容はわずか7%で話し方は38%、そして見た目やしぐさなどボディーランゲージが55%という感じ。

もしかしたら会社のセミナーなどで聞いたことがある人も多いかもしれませんね。

メラビアンの法則の誤解

ただし、これは「見た目さえしっかりしてれば、話す内容はどうでもイイ」という意味ではありません。

実はこれ、表情としぐさ、そして話の内容がそれぞれ違っていた時に何を優先するのか……?という実験。

つまり、怒った顔をしながら、手を合わせて謝っているように見せて「悲しい」と言ったら、相手はどんな感想を抱くのか?というものなのです。

「見た目が5割以上」というインパクトのある結果からだんだん意味が違って独り歩きをしている状態……という現状です。

出会い系の攻略に活用するなら?

そこで、出会い系にこの心理学要素を活用するとなれば……ちょっと話は複雑になってきます。

いくらプロフィール画像で顔を晒せるとは言え、奇跡の一枚や加工もできるので、やはりアポをとって実際に出会うまでは、圧倒的に人柄重視。

メールの文面や内容が一番のポイントになるので言語情報が90%と言っても良いでしょう。

そして、いざ2人で会ったときは……やはり見た目が命となるのです!!

本来は間違った意味の見た目重視ですが出会い系の場合、文面だけのやり取りをしている間に少なからず女性は相手の見た目を想像しがち。

良くも悪くもギャップが生じるのでまさに実験の通り、見た目が優先されるのです!

もちろん見た目といっても清潔感のある身だしなみをしたり、シワやほつれのない洋服を選ぶ程度でも充分。

無理してお金をかけることもありません。まぁもちろん、かけらえるなら使った方が良いですが……。

やはり紆余曲折あっても、見た目は重要と言えるでしょう。

メラビアンの法則から見えた出会い系攻略のコツまとめ

「人は見た目で決めません!」
「実はメラビアンの法則は誤解されていて……」

なんて、恋愛サイトや出会い系の攻略では見た目より中身重視と尊重しがち。

とは言えやっぱり、女性は見た目から印象を決めたりプラスやマイナスの評価を下します……。

百戦錬磨・全戦全勝を狙えるくらい、見た目にも気合を入れていきましょう!

ビジネス用語を恋愛にも応用!こんなテクニックで男性を落とそう

514804ビジネス用語は昔からたくさんありますが、昨今はIT業界の繁栄から横文字のビジネス用語が多いですよね。

「スキームが~」「プライオリティが~」「アジェンダ~」と言われているとよくわからなくなってきますが、現在の日本で働いてくためには必要な言葉ばかりです。そしてそれらのビジネス用語は何も仕事の場だけではなく、恋愛場面でも応用することができるのですよ。今回はビジネス用語を使った恋愛テクニックを紹介していきます。

PDCAサイクルで恋愛を積極的に楽しもう!

近年あちこちで使われるようになった「PDCA」という言葉。P=PLAN、D=DO、C=CHECK、A=ACTという意味をそれぞれ持ち、ビジネスを実行する際には計画立てから実行、確認、改善というサイクルで進めることを理想とする考えを意味します。

確かにやりっぱなしで確認や反省をしないというのはいけないことですよね。恋愛もこれとまったく同じで、ただ本能のみに従って行動しているだけでは意中の人を捕まえることができません。

どう攻略するのか考えた後には実行に移し、デートの後には必ず反省することが大切です。ちょっとうまくいかないことがあった場合にも、改善していくことでふたりの仲を少しずつ縮めていくことができるでしょう。

「アイミツ」をとっていろいろな恋を楽しもう!

交際してからの浮気はダメですが、付き合う前にはいろいろな人とデートをしてどの人が一番自分に合っているのかを確かめるのもひとつの手です。さまざまな男性からちやほやされていれば、テンションも上がって恋愛に身が入りますよね。

ビジネスではものを購入する際に複数の業者から見積もりをとって、一番よいところを決める「アイミツ」という制度が存在します。あなたもいろいろな男性から見積りをとって一番良い人を決めてみてはいかがでしょうか。ただしビジネスの場でのアイミツは公にすることができますが、恋愛のアイミツはあくまでこっそりと行いましょう!

グロースハックで全体的な見直しを

IT業界で多く使われるグロースハックとは商品の売り上げをアップするためにさまざまな方向からの変化を試みること。これまで販売部と企画部は別であることが多かったものですが、グロースハックでは管理を一括化して行っています。恋愛をしているときにあなたが売り出さなければいけないものは当然自分自身です。

容姿から言動、立ち居振る舞いまで自分を見直して改善するトータルプロデュース能力が必要と言えるでしょう。ひとつのものに対してひとりが全責任を負うという意味ではグロースハックと恋愛は似ています。

容姿がよくないのかな?と思ったら自分をよく見せられるように髪型やメイクを変えてみる、趣味が合わないのかな?と思ったら教養を深めてみる、などさまざまなアプローチを行うことで恋愛力も高まります。

リスクヘッジで失敗しても大丈夫!

交際してはいないけれど気になる人が複数いる場合、どの人とも公平にお付きあいを続けることが望ましいです。仮に一人に絞ってしまった場合、もしもその人と趣味や価値観が合わなかったらどうしましょう。関係を絶ってしまったあの人とも連絡をとっておけばよかった、と後悔してしまうことがあるのかもしれませんね。

そもそも男女交際は始まってみないとわからないものなのです。何も焦る必要はありません。株式市場ではリスクヘッジとして複数の銘柄に投資を行うことが常とう手段として知られています。恋愛も一緒で、さまざまな人と関わりながら男性を見る目を養い、間違った男性を掴むことがないようにしましょう。

ワークライフバランスで自分らしさを保とう

今でも尚勤勉な国として知られている日本ですが、ようやく最近になって私生活と仕事のバランスを上手に取るワークライフバランスが叫ばれるようになりました。プライベートと仕事、どちらにかまけすぎてもいつかは身を滅ぼしてしまうので気をつけましょうという警告です。

恋愛は思い切りプライベートの要素ですが、あなたの生活は何も恋愛だけで成り立っているわけではありません。家族もいれば友達もいることでしょう。趣味や習い事を頑張ることも大切なプライベートの一部です。好きな人がいるあまり、自分を捨てて暴走しすぎると相手からも重いと思われてしまうのかもしれませんよ。

大人の女性であればあるほど、心に余裕をもって上手に恋愛と他の生活のバランスを保ちたいもの。あなたなりのワークライフバランスを考えて恋愛を楽しむようにしましょう。

まとめ

ここで紹介したビジネス用語はほんの一例で、まだまだ恋愛の役に立てそうなビジネスワードはたくさんあるのですよ。ビジネスと恋愛は相反するものに見えますが、どちらも人間がかかわっているということに代わりはありません。本能的に突っ走るのではなく、ときには理性を持って冷静に状況を分析し気になる相手を攻めるようにしましょう。大人の魅力を持つあなたにときめいてくれる人があらわれるのかもしれませんね。

手土産は恋愛にも効く!女心をくすぐるプレゼントテクニック

仕事の際には普段お世話になっているクライアントに手土産を持参することがあるでしょう。何気なく買っている手土産なのかもしれませんが、女性とのデートのときにもきくのですよ。ここでは女性を喜ばせるためのテクニックを紹介します。

ちょっとしたサプライズが女心をくすぐる!

女性に贈りものをするときには常に豪華なプレゼントが喜ばれるというわけではありません。あまりにやりすぎるとかえって不信がられてしまうとともに、重荷に思われることもあるでしょう。財布の中身も厳しくなりますね。特別な日じゃなくても不意に渡されるちょっとしたプレゼントにきゅんとくる女性は多いものです。クライアントに感謝の意を伝えるときと同じように、彼女に助けてもらったり励ましてもらったりときにお返しにプレゼントを渡すと喜んでもらうことができるでしょう。

プレゼントは1,000円程度でOK!

プレゼントというとどうしても派手なイメージがあるのでここではあえて手土産と表現しましょう。あくまで「お土産」であるため、渡すものもちょっとしたものでいいのです。何千円も何万円もかける必要はまったくありません。しかしチョイスには少しこだわりたいもの。コンビニやスーパーマーケットで購入したようなお菓子はロマンティックさにやや欠けますね。食べ物にする場合はやはり和洋菓子店の詰め合わせが喜ばれますよ。かわいいラッピングのものを選ぶと女心をくすぐります。
また意外とポイントが高いのがお花。これも大げさな花束をオーダーする必要は全くなく、一輪のバラだけでも全く構いません。花が嫌いという女性はまずいないので、喜ばれること請け合いです。その他ハンカチやおしゃれなペンといった日用品も使い勝手がよく、失敗することがないでしょう。

こんなところに注意

女性は荷物が少ないことが多いもの。大ぶりなものをプレゼントして持ち運びに困らせることがないようにしましょう。また食べ物は好き嫌いがあることも多いので、食の好みを把握してから選ぶと失敗することがありません。どれがいいのかわからないときには、無難で女性らしいデザインを選ぶのが正解。好みでなくても好きな人からもらったものであれば、喜んで使ってもらうことができるでしょう。

女性にプレゼントというと難しいイメージがありますが、あくまでさらっと買ってさらっと渡すことが大切です。取引先に手土産を渡すときのように感謝の気持ちを持ちながら、丁寧に渡す姿勢があれば喜んでもらうことができますよ。

ビジネススキルを生かしメールで女性の心を掴むハウツー

知り合った女性との最初のコンタクトの一つとしてメールの文章は非常に大事です。堅すぎても、崩しすぎても印象が大きく変わってしまうもの。本来の自分を出したい所ですが、最初の印象を良くしようとして、背伸びした文章を書きすぎてしまい、次のステップに進まないという人も多いのではないでしょうか。

誠実さを表すビジネスメールからスタート

ここで重要になってくるのが、仕事で取引先とやり取りしているビジネスメールを活用するということ。ビジネスメールなら、ある程度経験もありますし、伝えたいことを素直に表現できます。仕事ではないから、すぐに会うアポイントを取りたいと思う所ですが、一つずつあなたへの信頼を作っていくのが重要なステップになります。少しくだけた感じで書きたいと思う気持ちが、女性の心には響かないので、まずは信頼してもらうために丁寧な文章を心がけましょう。

適度な改行と句読点で読みやすさを追求

仕事で使っているメールですが、そのまま使用するとあまりにも堅すぎてしまうので、適度な改行と読みやすいように句読点を入れるだけでも、仕事とはちょっと違う印象をプラスすることができます。適度な改行というのは、2~3行程度で改行してあげるイメージです。句読点はあまり意識していない人も多いかも知れませんが、大事な文章を読むのに適度な句読点がないと、読み手にストレスを与えてしまいます。

作った文章を声に出して、息継ぎをしたところで、句点を入れてあげるというのが分かりやすいかも知れません。

女性の名前を書くタイミングが大事

メールの文章を通して少しずつ信頼と距離を縮めていきますが、次に重要なのが女性の名前の呼び方と、呼ぶタイミングです。苗字にさんをつける呼び方はやはり見えない距離がありますが、名前にさんを付けると女性は嬉しいものです。

そして、相手の名前をメールで書くタイミングは早ければ早いほど相手の心に入り込むことができるのです。一人の女性として見てもらえていると感じますし、仰々しくない名前の呼び方でスマートさを判断する女性も多いのです。タイミング的には一通目のメールで真面目さを演出し、女性からの返信と内容を確認して、信頼されているなと感じたら、女性の名前をさんづけで書くというのが目安です。

さりげなく女性の良い部分を褒める

直接会って話ができれば、思っていることを言葉にして伝えられることができますが、会う約束をするまではやはり文章でのやりとりがキーワードになってきます。ガツガツし過ぎると女性はすぐに感じ取ってしまうので、メール拒否という結果にもつながりかねません。

メールの中から感じられる部分を拾って、さりげなく女性を褒めるというのも非常に重要なポイントです。どの女性で共通して使える褒め言葉は、「優しい言葉使いや表現をするんですね。」という文章の書き方を褒めるというのもテクニックの一つ。どんなことでも褒められたら嬉しいものです。文章の中での気配りや、女性らしさなどを拾ってあげると、「気づいてくれているんだ」と女性は安心感を持つのです。文章から拾うのは難しい部分ですが、いざ付き合うとなったら、それが現実世界で生きてくるので、良い部分を見つけるアンテナを貼ってみてはいかがでしょうか。

少しずつ表現を崩していく

どんなことでも褒められたら、あなたのことが少しずつ気になってくるはずです。心の距離も少しずつ縮まってきたところで、少しずつ硬い文章から表現を崩していきましょう。

上記のポイントを踏まえながら相手の反応を見つつ、タイミングを見極めなければいけません。自信がない人は女性を褒めた後に少しずつ崩していくという方法でも構いません。崩し方ですが、「おはようございます。」という挨拶を「おはよう」と変えるだけでも、受け取るほうもドキッとするものです。そして、「面白いね」など唐突過ぎないように「ね」をつけると急激に変わった感じを与えません。

メールのレスポンスのスピード

最後はメールのレスポンス、いわゆる返信のスピードについてです。すぐに返信してしまうとガツガツ感が出てしまうのでは、と思うかも知れませんが、スピードを変えるというのがポイントになってきます。具体的には、最初はスピーディーに、そして女性を褒めた後はあなたに気持ちが傾いてきているので、少しずつ返信の間隔をあけていきます。あなたのことが気になり始めたのに、返信を気にしている自分を気づかせてあげるのです。でも返信の開け過ぎは逆効果なので、せめて半日以内には返すようにしましょう。最初は30分~1時間以内に返信するイメージで、メールの回数に応じて遅くても半日以内には返すなど返すタイミングを調整していくのです。このスピードを意識すると相手の女性の心に入り込むことができます。

メールで女性の心を掴むハウツーまとめ

いかがでしたか。最初のコンタクトは誠実さを表すビジネスメールを活用しつつ、女性の良い部分を褒めながら、表現を崩して返信の間隔もあけていくのが非常に重要なポイントです。何人かの女性とやりとりをすれば、これがあなたのテクニックとして身につきますが、分からないという方は上記のハウツーをそのまま活用してもOKです。参考にしてみてくださいね。

パレートの法則の恋愛活用術

「出会い系サイトで頑張っても良い出会いに恵まれない……」

「どんなに努力しても空回りの結果に終わってしまう……」

そんな人はパレートの法則を活用してみてはどうでしょう?

この法則はイタリアの経済学者・パレートが生み出したもので、世に起こる事象の大半は8対2のバランスで成り立っているというものです。

一見すると疑い深い内容ですが、現にビジネスで成功を収める多くの人は、このパレートの法則を活用して成功しています。

また成功する人とそうでない人の割合も、実は2対8という比に収まります。

つまり勝ち組と呼ばれる人たちの割合は、ちゃんとパレートの法則に則っているわけです。

今回はそんなパレートの法則を恋愛の世界に応用させて行きましょう。

パレートの法則の基本的な使い方

例えば目の前の仕事を100%完璧に熟そうとしている人がいたとします。

ですがいくら完璧を目指そうとしても、100%完璧な仕上がりはこの世に存在しません。

むしろ100%完璧な仕上がりは自己満足にしかならず、ビジネスにおいては不完全というマイナスなイメージを伴います。

そこで活用できるのがパレートの法則です。

パレートの法則は8対2のバランスが大事だと教えているため、今回のケースでは完成度を80%に留めておくのがベストと言えるわけです。

すると残りの20%は労力を使わずに済んだ事になりますし、その20%を他のメンバー達のアドバイスでより良いものに磨く事も可能です。

このようにパレートの法則は「バランスを見る」ために用います。

では恋愛において、パレートの法則はどのような使い方ができるのでしょうか?

以下でパレートの法則の恋愛活用術を見ていきましょう。

押しと引きのバランスを法則で見る

恋愛は押しが大事!と思っている人もいるかもしれませんが、やはり100%の押しだけでは女性は引いてしまいます。

むしろストーカーのような恐怖心を与えてしまい、余計に出会いが遠ざかってしまうだけです。

そこでパレートの法則の出番です。

押しと引きのバランスを8対2の関係で見てみましょう。

今現在押しの勢いが強い人は、押しの割合を2にして引きのバランスを8にします。

具体的な例で言うと、例えば相手と食事を楽しんだ後は、8の割合でそのまま別れてみましょう。

ここで失敗する人の多くは、その後のやましい関係を求めて10の押しで挑むわけですが、それでは「体目当ての恋愛」と女性に思われてしまうだけです。

そうではなくて80%の引きで攻めるわけです。

すると女性に良い印象を与えられるため、自然と女性の方からアピールしてくる機会も増えますよ。

そうなればこちらのチャンスです。

後はこの機会を活かして残り2割の押しで攻めてみましょう。

また恋愛に消極的な人もパレートの法則で解決です。

いつも大胆な誘いができない人は、8対2のバランスを意識して行動してみると良いですよ。

フラれた際の原因を法則で見る

男性に意外と多いのが、一回フラれただけで精神的にかなり落ち込んでしまうタイプの人間です。

確かに女性からフラれる事はショックな出来事ではありますが、いつまでもその気持ちを引きずっていては何も始まりません。

恋愛は確率的な要素もあるため、8割の確率でフラれるものだと認識しておくべきです。

するとすぐに立ち直る事ができ、残り2割のステキな出会いに向けて準備する事が可能です。

一回のお付き合いで恋愛が発展するカップルなんて、2割にも満たない程度です。

8割以上のカップルが幾度の失恋を経て今を勝ち取っているので、この辺もパレートの法則を意識して前向きな行動を心がけましょう。

自分磨きを法則で見る

恋愛において多くの男性は「自分を良く見せよう」と努力します。

それはとても素晴らしい事ですが、努力の注ぎ方を間違っては意味がありません。

この点をパレートの法則で見るとどのようになるのでしょうか?

例えばルックスに自信が持てない男性は、ルックスばかりに目を向けるのではなく、その他8割の良さに目を向けましょう。

すると自身の思わぬ発見ができ、その良さを伸ばす事でより良い関係が保ちやすくなります。

また自分磨きをする際は、どの部分に力を注ぐのかバランスを見る事も大切です。

全ての事に全力投球するのではなく、8対2の法則を意識しながら上手にバランスを取って行きましょう。

会話の頻度を法則で見る

恋愛が上手い人の特徴の一つに会話力が挙げられます。

この会話力もパレートの法則を活かす事が可能です。

例えば普段から会話が苦手な人は、8割を聞く事に専念しましょう。

女性の中には話を聞いてもらいたい人たちが大勢います。

聞く姿勢を8割育て、聞き上手な人間を目指しましょう。

また普段からおしゃべり好きな人は、話す割合を2割に減らしてみる事を意識しましょう。

すると相手の意外な本音や趣味が聞けたりして、今後の関係がより一層良くなるはずです。

恋愛上手な人はバランス感覚が長けている!

パレートの法則から恋愛を見てきましたが、いかがでしたか?

恋愛では男女が互いに色んな関係を持つため、それぞれの場面においてバランスを取る事が大切です。

そのバランスを計る上で役立つのがパレートの法則で、今現在の悩みの多くも法則を通して解決可能です。

恋愛上手な2割の人たちは、自然とパレートの法則に準じたバランス感覚を身につけています。

出会い系サイトでステキな出会いが訪れるよう、あなたも今日からパレートの法則を意識してみてはどうですか?

起業コンテストで1番になったアイディア

Google日本法人が、2013年に開催した起業コンテストの東京大会で、最優秀に選ばれたグループの提案が、異色ともいえる”出会い系”であったことは、少なからずセンセーショナルな出来事でした。

起業コンテスト東京1位、今年は異色の「出会い系」

社会人や学生が起業アイデアを競い合う世界規模のコンテストが今年も開かれた。この東京大会で優勝したチームが異色だ。提案したアイデアは「出会い系」サービス。日本では怪しげな印象を与えかねないビジネスで、一般に広く普及しているとはいえないが、メンバーはそこに商機ありとにらむ。

優勝チームが提案したアイデアは、スマートフォン(スマホ)向けアプリ「PeKu(ペク)」。見ず知らずの男女が知り合い、チャットで交遊を深め、デートにこぎ着けるまでをサポートするという、出会い系のサービスである。

起業コンテスト東京1位、今年は異色の「出会い系」  :日本経済新聞

アイディアには、出会いを円滑に進めるためのノウハウも含まれていますので、それを知ることは、既存の出会い系サイト利用にも役立ちそうです。

男性の会話下手をサポートするアイディアで見事優勝

そもそも優勝チームは何故、すでに大小さまざまなサイトが乱立状態にあって競争が激しく、しかも必ずしもいいイメージのない出会い系サイト業界を、あえて起業の場に選んだのでしょうか?

チームによれば、海外ではポジティブに評価されている出会い系サイトが、日本ではなにかしら怪しげなイメージになってしまっているのは、日本人男性のコミュニケーション能力の低さが原因しているのではないだろうかと考えたそうです。

そこで、そうした女性との会話が下手な男性を、強力にサポートするサービスを提供すれば、出会い系サイト業界に新規参入しても、十分勝機はあると判断したそうです。

結果は、Google日本法人などの審査員に満場一致で支持され、見事優勝となりました。

調べてみると、この優勝チームのアイディアには、出会い系サイトを利用するに当たってのノウハウが含まれているようです。世界企業から満場一致で支持されたノウハウを見て行きましょう。

優勝チームの考える理想の出会い系サイト

構想としては、フェイスブックユーザーにのみ会員資格を与え、FBと連動したマッチングのアルゴリズムを構築して、最適な異性を紹介した後はチャットに移行して会話を楽しめるようにします。そして出会いを果たさせ、カップリングを成立させることを目論んでいます。

例えば、フェイスブックで過去に押した”いいね”などから好みの性向を調べ、きめの細かいマッチングにしたい考えだそうです。

このあたりはすでに、FB連動型の出会い系サイトでマッチングのアルゴリズムに含まれている気もしますが、気になる男性会員に対する会話サポートとしては、チャットでの会話が続きやすいように、共通の趣味、興味から会話のネタを抽出し、会話のとっかかりを自動言語で指南することを目指すとしています。

男性会員は、用意された女性への質問文などを自分で加工したり、面倒であればそのままコピペして打ち込んでも構わないということです。

そして、チャットでの会話が首尾よく進み、実際の出会いに至った際は、共通の趣味がスポーツ観戦であればスタジアム、料理であればレストランと言った具合に、ファーストデートの場所として施設の斡旋も行い、紹介した施設からアフィリエイト収入を得ることで、会員からは利用料金を徴収しないシステムにするそうです。

このアイディアから利用できるものは

バーチャルによるマッチング、チャットでの会話を経て、せっかくリアルでの出会いが成立しても、会話が盛り上がらなければ、出会いの魅力は半減してしまいます。

このアイディアの肝は、そうなることを可能な限り避けるため、会員相互の最適なマッチングのためにプロフィールやフェイスブックから共通の趣味、興味を抽出する為のアルゴリズムを導き出し、自動言語で会話をサポートすることだと言えます。

残念ながらこのアイディアは、Googleの世界大会への出場は逃しましたが、優勝チームのメンバーの中には、起業に備えて勤務先を退社する動きもあるそうですから、今後に期待したいところです。

しかし、起業に至らなくても、このアイディアは利用できます。

プロフィールから共通の趣味、興味を持つ人を探し、見つけたらさらにフェイスブックで”いいね”を押した先まで丹念に調べ、おおよその人となりを掴んだら、その人の趣味や興味に見合った質問文を考え、メールを送り、チャットでは会話を進めていくということですね。

何だ、それだけのことかと思うかもしれませんが、このアイディアは世界企業Googleの東京大会において、満場一致で支持されたことを忘れてはいけません。

何事も基本の部分はそれほど変わりません。

出会い系サイトを利用するにしても、基本を忠実に守ることが、より良い出会いにつながるわけです。

「デキる」=「モテる」! 自己投資をモテに繋げて一石二鳥を狙え!

最近は、モテるために外見磨きや人間関係にばかり一生懸命な方が結構いますよね。

実は、それは大きな間違い。

外見や顔の広さが必要なこともありますが、モテるためには内面やスキルアップのための自己投資も欠かせません。出会いを恋愛に発展させるためには、必ず中身が重要になる段階が来るものです。

ここでは、仕事のためのスキルアップや資格獲得などの自己投資が出会いとモテにつながる理由をご説明していきます。

1.自己投資は経験と話題の豊富さに繋がる

身だしなみにも気を付けているし、女性受けする趣味も持っている。それなのに、なかなか女性とのデートにこぎつけられない……。そういう男性は、会話の中で女性へのアピールが足りていない場合がほとんどです。

話が面白い、上手い男性は女性にモテます。しかし話術は生まれ持ったセンスも関わるので、誰でもすぐに上達が見込めるものではありません。

結局会話の上手な男性に対抗するには、女性に話を聞いてもらうための、それなりの中身が必要なのです。

そのためには、女性に話せるだけの豊富な経験と自信が必要です。仕事のスキルアップのために自己投資をすれば、任される仕事も増えて、その分経験値や場数を踏んだ男の雰囲気が醸せます。

そういう男の魅力が身に着けばこちらのもの。女性も自然とこちらの話を聞く体勢になってくれるので、自分の得意なテリトリーに相手を引き入れやすくなります。

しかも、そういう男には若い女性ほど弱いのがポイントです。自慢できる実績が出来た時には、年下の女性へのアプローチ材料にうまく使い、モテにつなげましょう。

2.自信につながる

自分自身のことが嫌いな卑屈な男性には、女性も好意を持てません。

自分に何のとりえもないと感じている引っ込み思案な男より、無意味に自信のある男のほうがまだ女性にはモテます。それは結局、上でも述べたようにアピールの大きさの違いなのです。

自分の分野で勝負できる力があれば、それは恋愛での自信にも必ず繋がります。仕事でしっかり役目を果たし、アピールできる心をつくりましょう。

3.「紹介したい男」になる

「仕事はめちゃくちゃできるけど、真面目すぎて女にはモテなさそう」

こういう人は、どんな職場にもいますよね。

しかし、そんな人にこそ「モテ」の将来性はあるのです。

仕事さえできるのであれば、年齢を重ねればその実力は年収アップという結果に結び付きます。安定してそれなりの収入がある男性なら、どんな女性にも大きくアピールできる上に社会的な信用も上がるはずです。

実は、恋愛経験がほぼ無いのに素敵な女性をゲットしている男性の多くはこのパターン。

傍から見るとモテなさそうな男性が、裏では女性の紹介をされまくって困っているのはよくあることです。

上司や取引先が自分のイチオシの可愛い女の子を、どんなヤツに勧めたいか? それはやっぱり、「仕事に真面目で向上心のあるヤツ」に勧めたいに決まっていますよね。

誰かが彼の努力を見ている。そしてその人は、出会いの無い素敵な女性の存在を知っている。そうすると、「二人を引き合わせてみようかな?」……と、こうなるわけです。

こういった「人生の先輩からの紹介」は、バカにできる物ではありません。

人は、印象の悪い人のために、わざわざ手間をかけたりはしないものです。男女それぞれの人柄を知っていて、両方素敵だと素直に思えるからこそ勧めるのであって、相性が悪すぎるふたりなら紹介することもありません。

家柄も性格も相性もいい女性をゲットしたいなら、これほど大きなチャンスは他にないということです。

前述したように仕事上での評価が高ければ恋愛での自信にも繋がり、それはおのずと相手にも伝わります。

本当の幸せを掴み取るためには、職場での能力向上は大切なことです。女の子を追いかけることばかりに目を向けず、仕事は誠実に続けて確実に信頼を掴み取っていってください。

4.同じような志を持つ女性は落としやすい

資格取得のための講座やセミナーも、立派な出会いの場です。そこで新たな出会いがあれば、その女性とは普通の合コンなどで出会うよりも長い付き合いができる可能性が高いでしょう。

会話のきっかけや口実も作りやすいので、デートに誘いやすい相手なのも間違いありません。女性は共感力が非常に高いので、自分と同じ目標を持つ男性にはその女性が頑張っている気持ちの大きさ以上に親しみを覚えます。

それから、女性は頑張っている自分を認めてくれる男性には自分のことをもっと知ってほしいと思うものです。その男性が自分を支えて応援してくれそうなら、関係を壊さないよう向こうも気を遣ってくれるようになるので、良い恋愛が長く続くことを期待できるでしょう。

仕事前にカフェでモーニングを取りながら語学の勉強をしている女性なんかも、意外と狙い目。身近に頑張っている女性がいるなら、「すごいね」「オレも見習ってもっと頑張らなきゃ」など、簡潔な言葉をマメにかけ続けるのが効果的ですよ。

ビジネスも恋愛も必要なのは文章力

かつて、ビジネスマンにもっとも必要とされた能力は、会話力でした。

会話をし、コミュニケーションし、物を作り、物を売る。それがビジネスでした。

しかし、いまでは、インターネットが普及したことで文章のやりとりがどんどん増えています。かつての商談が、どんどん文字でのコミュニケーションにとってかわられています。

つまり、年々、文章を書く力がビジネスで必要とされるようになっているのです。「文章を上手に書ける人=仕事ができる人」という時代がどんどん近づいているのです。

仕事でも恋愛でも必要なのは文章力

同じことが恋愛にも言えるでしょう。

昔は、女性を口説くためには、実際に会うか、電話をするくらいしか選択肢はありませんでした。

今は、とにかくメールでの文章力がものをいいます。

出会い系サイトが流行り、LINEが隆盛を極めるにつれ、文章を書くのが上手な人間はどんどんモテるようになっているのです。

女性の文章力と読解力は高い

そんなことをいっても、女の子の書く文章はめちゃくちゃだ。あんな子たちにまともな文章が書けるわけもないし、読解力もないんじゃないの?

そんなふうに思っていませんか?

いいえ。わたしは、これまで大学生の書いた作文を見てきましたが、平均すると、男性よりも女性のほうが、はるかに正確で緻密で伝わりやすい作文を書くのです。また、女性のほうがはるかに多くの文字情報を読んでいるのです。

彼女たちのメールが、おかしな文法や変わった文法であふれているのは、「そのこと自体がコミュニケーションのひとつ」だからです。能力が劣っているのではありません。

そんな彼女たちは、メールの文章を読むことで、その男性の知的レベルを巧妙に計ることができます。

文章力を向上させることは、あなたのビジネスでの成功と恋愛での成功を同時に成し遂げる上で大きなキーとなるのです。

上手な文章を書くにはどうしたらいいの?

上手に文章を書くといっても、文章力は一朝一夕に身につくものではありません。

しかし、ほんのすこし気をつけるだけで、文章力が向上する3つのポイントがあるのです。本日は、その3つのポイントに絞って解説させていただきます。

ほんのすこし気をつけるだけで、文章力が向上する3つのポイント

誤字脱字をなくす

誤字脱字をなくすことを徹底してください。ほんのすこしの文字が足りないだけで文章はものすごくみっともなくなります。素敵な男性には決してみえません。

  • 「〇〇さん、はじめまして!△△といます。」
  • 「〇〇さんは、趣味はなですか?」
  • 「今までにどなところに旅行にいきましたか?」

どうですか? 想像以上の破壊力だと思いませんか? どんなことを書いても、たった一文字の欠落でとんでもなくバカに見えます。

同音異義語に注意する

  • 「〇〇さん、始めまして!」
  • 「体重は測っていないけどだいぶ太ってしまって……」
  • 「スポーツには自身がないんです」

ちょっと変換間違いをしただけなんていう言い訳は通用しません。彼女たちはあなたのことを「漢字を知らないバカ」だとみなすでしょう。

句読点をきちんと使う

句読点を使わない文章を書く人が年々増えています。

彼らは、句読点代わりに改行を使います。

はじめまして○○さん
○○という文字を見て
メールしました
よろしければ
お返事を
ください
よろしくおねがいします

こんな感じのメールを書くわけです。

でも、たとえば、以下の文をみてください。

~止まった
車が~

~悲しい
ぼくは~

~ウレシイ
今日は~

「止まった」や「悲しい」や「ウレシイ」は終止形と連体形が同じ形です。だから「止まった車」なのか「止まった。車」なのかは、文脈から判断する必要があります。

こういう手間を読み手に強いることは、猛烈にバカにみえてしまいます。気をつけてください。

最後に

さて、こんなことを気をつけても、まったく何も考えていない本当にバカな女には意味がありません。しかし、だからといって、きちんと文章を書くことはぜったいに「マイナスにはならない」のです。

ちょっとした書き間違えで意思がうまく伝わらないかもしれないというリスクを少しでも減らすことが、ビジネスでも恋愛でも成功の秘訣なのです。

従来からあるものに新しさを取り入れることが、注目される早道

B to B(Business-to-Business)いわゆる企業間取引で売上が大きいものは、奇抜な新商品ではなく安定した性能が保証された定番品です。定番品の物の情報を買う側もよく知っているからです。

これは個人での買い物でも同じことが言えます。スーパーで新商品が売られていれば、一回は買ってみようとは思うかもしれませんが、次に買い物に行く時はもとのロングセラー商品のものを買う、といった経験はないでしょうか?

特に、化粧品や薬を買うときには、自分の体に直結するものですので、新商品が出たとしても簡単にそれを使用するのは怖いはずです。それでも、新成分が記載されていると『一回ぐらいなら』と思ってしまうこともありますよね? それで、試してみてから今まで使っていたものと比べてみる、ということをされた方も多いかと思います。

つまり、『新しいもの』が注目されるのは最初だけで、二回目からは定番品との天秤にかけられ、実績から安心や安定した値段のロングセラー商品に戻ってしまうケースが多いのです。

しかし、ロングセラー商品にも当然ながら欠点はあります。

それは、『知られすぎている』ということです。物の善し悪しが広く周知されすぎているため、新規の顧客の拡大に繋がりにくいという欠点があります。

新しいもの・従来からあるものの長所・短所を改めてまとめてみましょう。

新しいもの・従来からあるものの長所・短所

新しいもの

  • 長所:目新しさがある
  • 短所:未知の部分が多い、二回目からは従来にあるものと同じ目線で見られる

従来からあるもの

  • 長所:広く情報が知れ渡っているため安心感がある
  • 短所:目新しさに欠けるため、新しく人を呼び込む力に乏しい

見比べてみて、「あれ?」と思いませんか?

新しいものと従来からあるもの、それぞれの長所と短所は実はただ逆転しているだけのことなのです。

つまり、お互いを組み合わせることで、より大きなメリットに繋がる可能性が高いということなのです。この最たる例が、店舗のリニューアルオーブンや、ロングセラー商品の『値段据え置きで今だけ増量』といった謳い文句です。蛇の脱皮のように、古いものから新しいものへ変化することで、新規の顧客を獲得するマーケティングの開拓へと繋がるのです。

それでは、この考えを出会い系サイトでどう使えばいいかのヒントを箇条書きにしたいと思います。

  • プロフィール画像を変えてみる。プロフィール内容を数ヶ月に一回は更新する
  • 日記を定期的に書き、自分のことをアピールしてみる
  • ハンドルネームに『~@~』といった感じでひとことアピールしたいことを入れてみる

金を稼ぐ仕事と爪を研ぐ仕事

世の中には2種類の仕事があります。

金を稼ぐ仕事

爪を研ぐ仕事

です。

たとえばラーメン店の店主の場合を考えてみましょう。

金を稼ぐ仕事は、ラーメンを作って客に出すことです。

いっぽう、爪を研ぐ仕事は、閉店後にラーメンの研究をすることです。

もちろん、金を稼ぐ仕事と爪を研ぐ仕事は、はっきりとわかれるものではありません。

「どちらかというと金を稼ぐ」という仕事もあれば、「どちらかというと爪を研ぐ」仕事というのも存在するでしょう。

あるいは、自分の心持ち次第で金を稼ぐ仕事を爪を研ぐ仕事に変えることもできます。

たとえば、ラーメン屋でバイトをしている学生がいたとします。彼にとってラーメンを作ることは金を稼ぐ仕事です。しかし、彼が将来ラーメン屋のオーナーになりたいと思っていたとしたらどうでしょう。彼がラーメンを作ることは、その瞬間に爪を研ぐ仕事ともなるのです。

さて、わたしたちは、金を稼ぐ以上に、爪を研ぐことを考えなければいけません。なぜなら、ほうっておいても、わたしたちは金を稼ぐ仕事を頑張るからです。ほうっておいても明日も仕事をして金を稼ぐのです。上司や顧客に言われたことをわたしたちの体は勝手にやりつづけるのです。

いっぽう、爪を研ぐことは、そのことを明確に意識しないかぎりはなかなか行動に起こすことができません。爪を研ぐことは、短期的にはしなくてもいいことであり、後回しにしてもいいことであるからです。

しかし。

だからこそわたしたちは、毎日毎日、爪を研ぐ必要があるのです。爪を研ぎ続けたものがビジネスの世界で勝者になるのです。

そして、この爪を研ぐ行為は恋愛を攻略する上でも非常に重要なことなのです。

メールをする。デートに誘う。

そういったことももちろん重要です。

しかし、あなたは恋愛においても爪を研がなければならないのです。

何が爪を研ぐ行為なのかは人によって違います。

  • ダイエットをする
  • オシャレな服を買う
  • 話題を増やす
  • 恋愛攻略ブログを読む

いずれにしても、かなり明確に意識をしないと爪を研いで恋愛スキルを向上させるのは難しいことです。

さあ、みなさんも今から爪を研ぐことにしましょう。あるいは、現状の生活の中でおこなっていることで、なんらかの考え方を変えたら爪を研ぐ行動に変換できることはないかを考えてみましょう。